Feb 15, 2018

ガーデンリビング

本日 
晴天なり!

こんな日は
待ってましたとばかりに

お庭で過ごす




半年以上も待って
先日やっと届いた
外用の大きなソファ

嬉しくて嬉しくて!

手持ちのアンティークの
アイアンテーブルとチェアを合わせると
ピカピカの新品が
いい感じに落ち着いてくれて
空間に程よく馴染む


去年の夏前から
少しづつ取り込んでいる
ガーデンリビング計画

もともとお庭には
とても関心があり
都内だと
一軒家はなかなか難しくても
マンションのテラスやベランダを
緑でいっぱいにして
常に自然を感じながら暮らしたいという思いが強い


そんな中 
この一冊との出会い


















『ガーデンセラピー』

興味深く読みました

IT機器や
コンクリート アスファルトに
囲まれた生活環境が
心身に及ぼす影響

都会では免れることはできないけれど
そしてその恩恵も
十分に享受していながらも
やっぱり人工的なものには
どこまでいっても
温度を感じることができないし

いつも自然を求めている 
そして子供たちにも
自然を感じて育って欲しい

だったら
一番身近である『庭』を 
自分が求める
癒しの自然空間にすればいい!

わたしの庭への思いが
一層強く・・!


本にも書いてあることですが  

季節ごとの彩りや
味わい 音 香りなど

人の命のスピードが 
四季のスピードを
感じるようにできていると
人は自然のパワーや
エネルギーを取り込み
生気に満ちて
元気に暮らしていくことができる
そのためには
家と庭を区分せず 
身近に感じられることが大切


そのことを思うと
ますますお庭を
一つの『部屋』として
使いたいな と思います

他の部屋と分け隔てなく使う
『部屋』

外にあることを忘れ
部屋だと思うと
家の中で大切に使っている
クッションやスローはもちろん
小さな棚を置いて
コーヒーメーカーを置くといいかも
とか 
マガジンラックに
雑誌を数冊セットしておこう 
とか 
室内用のスタンドライトも
雨に濡れないこの場所なら アリよね!と
でもちょっと勇気がいるから
中古品を探してみたり 
発想がぐんっと広がります


料理家 有元葉子さんが

『テラスやベランダを
上手に使いたければ
何はなくとも まず拭くこと
専用の履物に
わざわざ履き替えて出ることが
内と外を分断する』

と 何かの本で見かけ
ふか〜く納得

部屋として整えても
日本人としては 靴を履いていると
やっぱりどこまでいっても
リラックス感が半減してしまう、、


ということで導入してみたのが・・・






マジックテープで
ペリッと雑巾をはがせるタイプのモップ!





確かにこれなら
ササーっと拭き上げて
ペリッて剥がして 
洗って干し 
また汚れたらペタッとセットして、、
といった感じで
楽にできるかもしれない




習慣にするまで続けられるかな〜
10分の拭き掃除の面倒具合と
いつでも裸足で外に出られる気持ち良さ


さぁてどちらが勝るか・・・?



もう一つ 
素敵だと思った
お庭にまつわる話

『ガーデン』の語源について

この言葉は

ガード+エデンが組み合わさって出来ているそう

直訳すると 

囲われた楽園 

いい!この言葉!


思い出したのは
ジブリ 『紅の豚』での一コマ
ホテルアドリアーナの女主人 
マダム ジーナの秘密のガーデンで
無断で入ってきた人に

「ここはプライベートな場所よ」

と言い放つあのシーン
(・・・わかるかたいらっしゃいますか?)


花々と樹々に囲まれ 
蝶が舞い
眼下にはどこまでも広がる
深いブルーのアドリア海

その庭で
静かに読書に耽るジーナの姿を
幼ながらに憧れていて

ガーデン=囲われた楽園 

まさにジーナのガーデンはそれを体現している!と!

わたしも家族と自分 
そして大切な仲間がくつろげる

たった一つのスペシャルな

『囲われた楽園』作り 


これからも楽しんでいこうと思います




No comments:

Post a Comment

回復する場所

東京は食べるお店に事欠かない それも美味しくステキなお店 そんなお店にも種類がいろいろあり 五つ星の豪華な高級なフレンチから 紹介制のエクスクルーシブな銀座のお鮨屋さん こじんまりとした隠れ家的なカウンタービストロ わいわいがやがや 活気のあるトラットリア 居...