Apr 14, 2017

fashion とMothersbag

今日も東京はすっきりと晴れて
気持ちのいい陽気!
暖かい陽の光と柔らかな風
まだ少しの冷気を含んだ空気が心地よい
う〜ん!と思わずのびをしてしまう

朝からヨガ
肩周りを中心に入念に伸ばし
2人を連れてプールへ

週に一度のふたりのスイミングは
私も一緒に入るのですが
とてもいいリフレッシュになっています

プール上がりのぴかぴかに光る子供たち鼻先が可愛くって^^

そんな日は
薄手のVネックニックを一枚で着て、
サラッとストンっ!としたワイドパンツ。
カシミアシルクのニットは薄くて軽くて寒い時はあたたかく、暑い時はさらっと風通しよく朝と夜で寒暖差のあるこの季節、毎年活躍してくれています
ワイドパンツは一見エレガントなのですが子供たちと一緒でも動きやすくここ数年よく着ています。

着心地も配色もシルエットも落ち着く組合せ。



knit-Deuxieme Classe
pants-Maxmara
bangle-Tiffany
bag-celine

celineのcavas
購入したのはもう随分前だけれど
軽くて薄くて大容量で
くったりとした質感
Mothersbagとしてはもちろん少し荷物が多いときは迷わず選ぶ
それほど使いやすいbag。

Mothersbagとしての
いつもの中身は
2人分の
着替え、ミニタオル、オムツ、ウェットペーパー、ポリ袋、ポケットティッシュ、パックジュースやゼリードリンク、水筒、おせんべい系のおやつと少し甘みのあるおやつ、小さなおにぎり、ミニ絵本、トミカ2.3個

こんな感じかな。
ギッシリズッシリ。
ベビーカーは子供を乗せるというより
荷物を乗せる役割の方が大きいかもしれません。。
買い物帰りなど私の腕の代わりに荷台と化したベビーカーを見て、「君なしじゃやっていけないよ」と思ってしまう。

ということは、子供たちがだんだんベビーカーに乗らずに歩いてくれるようになってきたということでもある♪

そうしている間にまた育ってきて
今度は荷物もどんどん減ってくる。

そしていつかはいつでもどこへでも
自分1人、小さなバッグひとつでかけてしまえる日が訪れこの腕のズッシリ感が懐かしく思うのでしょう...
それまでは荷物ごと抱っこ!するつもりでこの重みごと愛そうと思います^^


No comments:

Post a Comment

新しい時計

好きな時代は断然、1920年代と1950年代。 私の中でこの時代を想像してみるだけで心浮き立つ輝かしい時代です。 文学、音楽、芸術、ファッションありとあらゆるものが花開き咲き誇った時代。 アール・デコが好きです。そのアール・デコを生んだ1920年代そのものにも憧れています。...