Mar 31, 2017

Natural.

子供を産んでから、30歳になってから
できるだけシンプルに生きたいという思いが年々強くなってきています

それは美容面にも現れて。

その一つが持って生まれた素材をそのまま大切にして綺麗に磨いていきたいということ

まず、なんとなく続けていた
ヘアカラーをやめてみることに。
もうすぐ一年になります

ショートでこまめにカットしているので
もう、今はほとんど地毛になったかな

全部地毛なんていつぶりだろう
少なくとも10年以上はヘアカラーをしていたからとーっても久しぶり
伸びてきて気になるから染め、また伸びてきて染め、魅力的なヘアカラーを見てトライして、また伸びて、、暗くしすぎたと明るくしたり、その逆も然り。
そんな風に、なんの迷いもなくヘアカラーを続けていました

それをある日突然、
やめてみよう!と。

驚いたのは新しく生えてきた髪の手触りと艶
何もしないでいるだけなのに
自分の髪ながらずっと触っていたくなるような健康で潤いのある髪が!
一本一本に芯のある密度と毛先までハリを感じる

肝心の地毛の色ですが
なんとなく寂しい暗い印象になるんじゃないかとかちょっと心配していましたが
そこはさすがに自分の元々の色
やっぱり肌や目の色、全体きっちり調和している気がします

私の地毛は光に当てるとほんのり赤みがかった色

よく見ると瞳もそんな色。

ヘアカラーをオーダーするとき赤味を嫌って赤味を抜いたカラーばかりリクエストしていたな
ないものねだりですね^^;

でもこの色が、わたしの色。 
大好きな赤いリップにも合うし、いっか。


子どもたちもよく見るとそれぞれ違う
長男はグレーがかった透けたような色
アッシュだね〜!とよく大学生の私の妹に羨ましがられています。
次男は結構茶色くて言うならばヘーゼルナッツブラウンのような赤味のない色。髪が細くてくるくる。柔らかな本人のキャラに合ってて思わずわしゃわしゃ!してしまう^^ウェービーなヘアーは憧れもあって大好きです
主人はマットなダークブラウン
そしてウェービーヘア。次男のくせっ毛は主人ゆずり。
彼本人は昔から嫌がっている。なんで?すっごく可愛いのに!!なんて毎回本気で言うがこの件に関しての褒め言葉は聞く耳すらもってくれず
コンプレックスって他人の目から見ると大きな魅力だったりする
「似合うよ!いいよ、そのウェーブ具合羨ましい」
「え!どこが?一回この髪になってみ?はぁ〜〜」と
いうくだりのやりとりをする度にそのことを思い出します

ウェーブヘアとストレートヘア
グラマーな体とスリムな体
童顔と大人っぽい顔
可愛い声と落ち着いた声
ゴージャスとクラッシー

それぞれ、認めて憧れ合いながら
自分に与えられた素材や雰囲気を
「あ、今回の人生わたしはこういう担当なのね」と、
もって生まれた魅力を受け入れ大事にしたら
すごくシンプルになる気がする
そういう私もコンプレックスはもちろんある。矛盾、、

また脱線しました、笑

家族なのに色素が違うって面白い
ちなみにわたしの母は漆黒。鏡のようなツヤが羨ましい。

よく見ると日本人でも本当に真っ黒の人は少ないみたいですね。





余談ですが今の髪型は
そのままだとオン眉のショートボブ
ナチュラルに斜めに流したり
ピタッとタイトショートにまとめたり
手ぐしで変幻自在なカットにしていただきました


そして次にやめたことはジェルネイル。
元々凝ったことはせず
ジェルネイルもクリアジェルやフレンチのみだったのですがサロンでの工程は他のネイルアートと一緒
毎月通い、その度繰り返し爪が薄くなっていくのはどうしても避けられない 
そしてまたやめ時が分からない、、

ネイルアートをするならいいかなと思えるけれど
クリアジェルネイルのみで爪が痛んでしまうのはなんだかもったいない気がして...

じゃあ、いっそのこと地爪、ピカピカにしちゃおっ
サロンではネイルケアだけオーダーすることに


ピカッ!
君、磨けばこんなに光るのね!と思わず釘付け。

プロが一本一本丁寧にケアして自爪を磨き上げてくれるのはとても贅沢なこと

こうして素材自体が綺麗になると
自分そのものが綺麗になったようで嬉しい
もっと大切にしたくなりました

20代、綺麗になるために試した色々なこと
何の気なしに継続している習慣


あらためて見直し、手放せるものは手放して本来の姿をひとつひとつ確認していきたいなと思います

こんな風に思えたのは
子供たちと日々接していて彼らの生まれたまんまの肌、髪、瞳の色が全て自然に調和している姿に美しいと感銘を受けたから
ピカピカうるうる素肌には到底負けてしまうけど私も少しでもここに戻りたいな、と思って
自然美は何よりもシンプルでいて美しく眩しいなって思えたから
今はそう感じていてそんな気分。

いつかまた気が変わって
ヘアカラーやネイルアートもしたくなるかもしれない

それまでは今の気分を大切に素磨きを楽しもうと思います^^

No comments:

Post a Comment

新しい時計

好きな時代は断然、1920年代と1950年代。 私の中でこの時代を想像してみるだけで心浮き立つ輝かしい時代です。 文学、音楽、芸術、ファッションありとあらゆるものが花開き咲き誇った時代。 アール・デコが好きです。そのアール・デコを生んだ1920年代そのものにも憧れています。...