Oct 3, 2016

My favorite place

自分にとって寛げる空間や瞬間、
お気に入りの場所をリストアップして日々追加したり更新したりすることはその行為自体
とても安心する作業だったりします


東京、日本、世界
出会えた好きな場所
まだ知らないけどきっとある
心から寛げる、
または高揚する素敵な場所

寛げる場所は疲れた時、
駆け込み寺のように訪れると
心身に
驚くほど作用してくれる

高揚感を与えてくれる場所は
次に進む活力を与えてくれる


迷うことなくそこに行けばリラックスが約束されるってなんたる安心感
中々行けない場所でもそこを想像するだけで頑張ろうっと思えるってなんたる心強さ


自宅のリビングや車の中の
プライベートな空間はもちろん
気に入っているカフェや本屋さんやホテル
子供が出来てからは公園や図書館も
身近なお気に入り


好きと決めたところに
足繁く通うのが好き

大人時代の大半を過ごしている東京ではお気に入りはいくつもありますが
結構困るのが地元に帰った時。
高校時代までしか過ごしていないので
寛げるような場所を知らないのです

そんな中で地元に帰った時にオアシスとなるのは
大阪 本町にある
〈ST.REGIS HOTEL OSAKA〉



そして京都は祇園

〈ZENCAFE〉


洗練されてシンプルなのに華があって

ちょうどいいこじんまりとした感じもとっても落ち着きます


世界まで広げてしまうと
まだここ好き!
何度も行きたい!と思う場所はまだそんなに見つかってはいないけれど
心の中で思い出すだけで楽しくなる場所はいくつか

ハワイ島のFourseasons hualalaiの開放的でいてプライベートな造り
スイスのユングフラウヨッホへの道中のクライネシャイデック(噛みそう、、)にある
山小屋レストランのテラス席(標高が高く雲が下にあるんです
まさに雲上のレストラン)


パリのHotel Costesの中庭のラウンジの洒脱でスノッブな感じも好き



日本だと
京都の俵屋旅館  (サービスお料理その他全て好きです そして中村外二工務店さんが手がける空間が好き
和室と北欧家具の合わせ方やその相性の良さにいつも新鮮な驚きがあります)
洞爺湖のウィンザーホテルへの白銀の道のりをドライブすること(クリスマスソングを流しながら車内を暖かくして永遠に続くかのような白の世界にどっぷり浸る)



ここ絶対に好きだろうなと思うホテルはイタリア、トスカーナにある

〈Hotel Il Pellicano〉


自分が好きな場所や好きな空間って
昔から変わらないようでいて
感じる居心地は年々変わる
今の自分にぴたりと合った場所が
落ち着きをもたらす
自分の写し鏡であり理想の反映だなぁと思います
数年前はぎこちなく感じた場所が
ひさしぶりに訪れたらストンと馴染んだり、あれだけ心地よく感じていた場所なのに心はざわざわ不協和音を感じるようになっていたり


華美じゃないけれど
贅沢な時間

贅沢な時間だけれど
必要なだけ少しだけ

そんなバランスがここ数年
憧れでもあり心地いいです



子供たちには地元になる東京で
小さい頃からそんな場所を一緒に見つけて作ってあげたいなぁ

そして世界で一番落ち着く場所は
自宅でありたい


cocoにとって世界の中心は家。
彼女のプチリビングコーナー!


そう家族も自分も思える空間に
日々近づいていけるように
楽しみながら家づくりも続行中です♪

No comments:

Post a Comment

新しい時計

好きな時代は断然、1920年代と1950年代。 私の中でこの時代を想像してみるだけで心浮き立つ輝かしい時代です。 文学、音楽、芸術、ファッションありとあらゆるものが花開き咲き誇った時代。 アール・デコが好きです。そのアール・デコを生んだ1920年代そのものにも憧れています。...