May 13, 2016

vivid

好きだから自分ではつい落ち着いた色ばかり選んでしまうけど

節目節目にプレゼントしてもらうものは不思議なほどいつも明るく綺麗な色が多い
主人にいたっては
フューシャピンクやターコイズブルーなど眩しいような色ばかりすすめてくれる

地味色が好き(自分ではシックな色)なわたしにもう少し華やかに生きなさいというメッセージなんだと勝手に解釈しています、笑

目にした時に一瞬で気持ちが華やぐのは
げんきな色がなせる技

そのパワーに魅せられて
最近自分でも綺麗な色を手に取ることが増えた


無彩色な私の持ち物の世界に少しずつ点、点、と鮮やかなペイントが花のように咲いてゆく






30代、これらの色の力も借りて
鮮やかなものにしたいな、と思う♪

No comments:

Post a Comment

新しい時計

好きな時代は断然、1920年代と1950年代。 私の中でこの時代を想像してみるだけで心浮き立つ輝かしい時代です。 文学、音楽、芸術、ファッションありとあらゆるものが花開き咲き誇った時代。 アール・デコが好きです。そのアール・デコを生んだ1920年代そのものにも憧れています。...