Sep 11, 2015

あたたかくやわらかくまあるく

台風も過ぎ、
東京はひさしぶりの快晴!

昨日に引き続き、
午前中からヨガレッスン。

フル稼働に備えちょっとずつ動いていくぞ〜!


昨日、初ヨガをしてみてすっかり気に入った母と今日はプライベートレッスンをお願いすることに。

自宅ならあかちゃんが多少グズっても気になりません^ ^


妊娠出産で弱り気味な骨盤周りのストレッチを中心にレッスンしていただきました。

先生の心地よい声に誘導されてゆったりと色んなポーズをする度、からだの内側に意識を集中させてどこが弱っているのかな?どこがバランスを崩しているかな?と確かめる。

レッスンが終わる頃には、
からだのあらゆるところがスムーズにうごく。
からだに油を注し、調整された感じ。



はぁ〜気持ちいい!
脱力。。。

長男の出産後はからだを緩めることやリラックスさせる術が分からず、
肩も内側に入り、バランスを崩した骨盤をそのままにして歩き方も変わってしまったり。
その姿勢がやがて目や肩にきて、疲れも取れにくかったことを思い出す。

頑張ることや必死なことをよしとしてからだも心も強張らせて
緩めたり、リラックスしたりということを後回しにしていました。

今になって思うこと。
もっとゆるめればよかった。

これからは意識的に力を抜くことやゆるめることをしていこう。

内面がやわらかくあたたかくまあるくいる為に。


スーパーモデルのクリスティーターリントンのヨガについて書かれた本。

本格的で専門的な内容で彼女はヨガブームがはじまる前からのコアなヨガの実践者なんだなぁと驚く。
スーパモデル全盛の頃、
一時期ランウェイから姿を消したのも、煌びやかで表面的なショービズ界がヨガの精神からかけ離れていたから。という理由だそう。

最近になってまた雑誌やブランドの広告で目にすることが増えたけど
歳を重ねてさらに聡明で凛としていて柔軟になっていってることが写真からでも伝わる。

その背景には長年のヨガがあるのかな?
ますますヨガに興味が湧いてきます。


No comments:

Post a Comment

新しい時計

好きな時代は断然、1920年代と1950年代。 私の中でこの時代を想像してみるだけで心浮き立つ輝かしい時代です。 文学、音楽、芸術、ファッションありとあらゆるものが花開き咲き誇った時代。 アール・デコが好きです。そのアール・デコを生んだ1920年代そのものにも憧れています。...