Sep 1, 2015

ふたりめは楽よ 説。

外は雨。

家にいる時の雨はいいですね。
窓から見える緑が濡れて、
静かな部屋におだやかな雨音が響く。

一人目の出産を出産した時は梅雨の時期だったから
同じようにこうして雨を聴きながら過ごしたことを思い出します。



早速はじまった自宅でのふたり育児。
すぐにてんやわんや...になるはずが、、
おとうとが....ずーっとすやすや眠っている!



お腹すいた時以外は本当にずーっと眠っている。
1日のうち23時間くらい眠っているんでは??というくらい。
お〜い!ママの出番をくださ〜い!
まだお腹の中にいる気分?


ん〜この時期ってこんな感じだったっけ?と去年の日記を読み返してみると、1人目のこの頃わたしは寝不足で体もぐったりで大変だったよう。

主人、母、わたし。
大人3人がかりでも結構へろへろで大変だったよね〜最初の一か月は。
という意見も一致。

よく聞いていた「ふたり目は楽よ」説。
もしかしてうちにも当てはまる!?

思い返してみれば一人目の時、
退院してから
はじめてのことの連続で心が緊張しっぱなしだったんだと思う。
それで寝付けず寝不足になったり、
少しの変化に敏感になって疲れたり(しゃっくりが多過ぎる気がする...とか頭が長い気がする...とか。笑)

抱っこやオムツ、沐浴の仕方もぎこちなく、その緊張があかちゃんにも伝わって不安にさせてしまってたのかな。

そういう意味では2人目はとーっても肩と心の力が抜けていると思う。

「ふたり目は楽よ」説。
あかちゃんじゃなくて私側のそんな事も関係してるのかな。


まぁ油断するのはまだまだ早いですがおかげでゆったり過ごせています。

本当の忙しさの山がくるのは弟がハイハイし出した頃かもしれない。
そんな事いいつつ、後一か月後かもしれない^^;


そういえば二児の母ではなく、
三児の母になったのでした。


一番上のおねえさん。
cocoはあかちゃんを連れて帰ってから
わたしからちょっと距離を置き、
おばあちゃんである母にぴったり。
そこからじーっと見つめてきます。

しばらくしたらそばにきてクンクン。
おとうと達に優しくしてくれてありがとう。




2 comments:

  1. かわいいですね。
    私のところは4番目の孫が3か月です。
    子どもは大きくなりましたが、また何度もかわいい赤ちゃんが見れて幸せです。
    あゆみさんも、今は小さなお子さんたちが大きくなって、またその子たちに
    「おばあちゃんでちゅよー」と。見てみたいw

    ReplyDelete
    Replies
    1. お孫さんに囲まれ賑やかで素敵ですね。
      孫は本当に可愛いんだろうなぁと父や母を見ていて思います。
      いつかおばあちゃんになるのも楽しみです。

      Delete

新しい時計

好きな時代は断然、1920年代と1950年代。 私の中でこの時代を想像してみるだけで心浮き立つ輝かしい時代です。 文学、音楽、芸術、ファッションありとあらゆるものが花開き咲き誇った時代。 アール・デコが好きです。そのアール・デコを生んだ1920年代そのものにも憧れています。...