Aug 3, 2015

私的ノート生活

突然ですが、



『ノート』や『手帳』って好きですか?





私は昔から『ノート』にいろいろなものを書いたり貼ったりするのが好きで好きで
これまで何十冊のノートを使ってきたんだろう?というノート好き。

小学生の頃から思いつきや好きな言葉を集めた

『インスピレーションノート』

その頃の私はスーパーモデルに憧れていたので
当時深夜に30分の枠で放送していたファッション通信という番組を夜更かしして見て
、一流メゾンの名前やスーパーモデルの名前を叩き込むべく作っていた

『夢ノート』

クラウディアシファーやシンディークロフォードが載っている雑誌を古本屋さんで買ってきてペタペタ貼り付けその横に

『目指せ身長180㎝!その為に毎日校庭の鉄棒をぶらさがることにする!』

『ウォーキングの練習をする為にハイヒールを買いたい。お母さんを説得する方法について考える!』

とかいろいろ書いていました。笑

中高生時代はその熱も少しおさまって日記をつけたりつけなかったり。
(この頃の日記は思春期全開で今見てもまともに見れない赤面モノなのであんまり無くて逆によかったかも^_^;)

月日が流れ、上京してからは
最初に書いた『インスピレーションノート』と『夢ノート』を合体させてそこに気付いたことや好きな言葉を集めたりして常に持ち歩き、心の支えに。


これらは19歳から25歳くらいまでのモノかな?
時々たまにパラパラ読み返しますが、
若さと情熱がほとばしっていて我ながら熱いなぁ。と。

そして興味の対象は変わっても大切にしたいと思ってることはそんなに変わってないんだなぁ。と自分の考えに安心したりも。

このほかにもその時々の興味に合わせて
好きなモデルさんの切り抜きを集めた一冊とか、
好きな洋服を集めた一冊、
行ってみたい国、場所を集めた一冊。
そして日記を別に一冊。

というようにどんどんノートやスクラップブック自体の数が増えてきて、
あれはどこに貼り付けたっけ?
と探す手間が増えたりしてだんだん面倒になり、
たまに整理するけど膨大な切り抜きは溜まる一方。

そんなノートとの関係に倦怠期を感じていたある日…

この本に出会い、ピピっと!

『人生は一冊のノートにまとめなさい』

このタイトルにコレだ!と!

パラパラっと読んでみると

なんでもかんでもタイムラインのように一冊のノートにまとめしょう
という内容。

興味があること、好きなこと、思ったこと、日記。全部。
この本には日々の領収書や手紙、請求書なんかも全部貼り付ける!と書いてありましたがそこは私なりにアレンジして、今まで種類別にしていたものだけをまずできるだけ最小限にまとめてみよう!と。

私に必要最小限なノートは
『スケジュール手帳』

『なんでもタイムラインノート』

そしてそこから抜粋した持ち歩き用の
『インスピレーションノート』

スケジュール手帳とインスピレーションノートは今使ってるものが気に入っているからいいとして、

この新しい試み。
全てを詰め込む
『タイムラインノート』
はどうしよう?
自分の全部を詰め込むなら飛びっきり素敵なノートがいい。
そのノートは自分が生きた証拠になるものだから。
真っ先に思い浮かんだノートがありました。




一番上は今年のスケジュール手帳。
そして大小ふたつの革のカバーのついたノート。
とっても素敵であまりにも上質な紙でいざ使おうと思っても使い方が思いつかずいつかの旅行で一目惚れして購入したものの、宝の持ち腐れ状態になっていたもの。
この大きなサイズのノートを思い切ってこの機会に使おう!

そうとなったら早速!



日々の日記、好きな写真、インテリア、思ったこと、妊娠、育児記録、家族計画、食事記録、読書履歴、行きたい場所やしたい事etc...

今までテーマ別に何冊も使い分けていたものをとにかくどんどん一冊にまとめていくことに。

一カ月続けてみた結果。
ものすごくイイ!
自分の中身が丸ごと一冊にまとまってある感じ!

好きなインテリアの次に子供の成長記録、
そしてその次に好きな洋服や景色の切り抜き、
赤ちゃんのエコー写真、
日々の暮らしの写真や日記。

バラバラのようで全てが繋がっていて。
子供の成長が今この段階だから、私はこんな場所や家具に興味があるんだ、ふむふむ。
とか、
yogaを始めたから食事も自然とこんな感じになってきてるのね、なるほど〜。とか、
こんな本を読んだからこの日からこうか〜単純だな〜わたし。とか。

ひとつの流れとして心の動きを観れる感じがイイ!



出来るだけキレイなノートにしたいから万年筆のインクも色んな色に変えて楽しむように。
カシス〜ボルド〜ライラック〜パープル好きな色がミニボトルになってセットになったいいものみ〜つけた!

マゼンタとレッドの減りが早い。
自然と手に取る色でその時の気持ちがわかるみたい。
妊娠中は前回もそうだったけど明るい女性らしい色が好きになる。
そんな時、自分からあかちゃんへの想いの色があらわれているような気がして嬉しくなる。

最初は切って貼ってきちんと糊付けしていたけど、前のページにくっついたり剥がれたり、糊って案外くせ者で。。
大事なのはいかにストレスフリーで続けられるか。だから
いつしかそれもすっとばすことに。



マスキングテープを切り抜きの四隅をとめて、ハイ!

マスキングテープ、いろんな種類があってざっくりちぎって貼るだけでもなんだか可愛くて使える。

そしてこんな感じでどんどんと使っていたら約一カ月でノートがまるまる埋まってしまった!

最近のおこもり生活+最初の勢い?もあってか楽しくてペタペタ書き描きしていたから。


これは中のリフィルを買いにいかなくては!行きました。
出来るだけ歩かないよう、
何かのついでに連れてってもらいました。

中身のリフィル、いくら上質だといえ紙だからそんなしないでしょ〜と思った私がバカだった。

紙、たっ高っ!

躊躇するわたし。涼しい顔の主人。


でっでも妊娠中、ほとんど買い物なんてしてないし。。とか何とか聞かれてもいないのに言い訳する私に、

書くこと好きでしょう?
大事なことなんでしょ?だったらとびっきりいいものを使うべき!と。

主人は滅多に自分の買い物をしないし、物欲も全然ない人だなといつも思いますが、
いざ何かを買うときはとびっきり質が良く最高のもの。と子供の頃に教えを
受けたようでそれを貫いている。

そして心からに気に入ったもの。
だから持ってるものは少ないけれど全ての持ち物がいつも循環良く使われているし、手入れも行き届く。
中途半端なモノは一切買わないけど、気に入ったら少々高くても迷わず。が信条。

流行やちょっと安いからとちょこちょこそれなりのものを買い物を繰り返しがちだった私とトータルで考えると出費ってもしかしたらそんなに変わらなかったりして。

だったら本当に気に入ったモノだけにきちんとお金を使うことって潔くってイイ。




ってことで購入♡

リフィルひとつひとつにこんなに美しいラッピングまでしてくれてさすが。
大切に『自分史』積み上げていきたい。


ノートでもうひとつ外せないのが持ち歩き用のインスピレーションノート。

ここ数年はこのパナマノートがお気に入り。



SMYTHSON

万年筆のノリも良くって裏写りもしないし、淡いブルーでシルバーに縁取られた薄い紙が繊細で美しい。

そしてどんなバッグにもそのまま入れて毎日のようにいろんなモノに揉まれているはずなのにとっても丈夫!

表紙の文字も自分でオーダーできるようになったみたい。
プレゼントにもいいな〜。

ここには心に響いた言葉や座右の銘的なこと、人から教えてもらったちょっといい話なんかを忘れないように。書き留めたり、綺麗だなと思った単語や文章なんかを集めている。

色んな文章があるけれど
やっぱり美文が好き。
こうした言葉たちをひとつひとつ貝殻のように大切に集めておいて朝起きた時や眠る前、出先でホッとしたい時、待ち合わせの少しの時間なんかにパラパラめくるととっても気分転換になる。心の栄養補給みたいなもの。

マメに潤い与えないと
忙しい日々の中気づけば渇いてしまったりする。
読むサプリメント!と思い日常に欠かせないもの。

これから何冊のノートを作っていくことになるのかな。
おばあちゃんになってそれらを読み返したとき
思わずノートをギュッと抱きしめられるようその瞬間瞬間を大事に積み重ねていけたら。

と、ここまでノート愛について熱く綴ってみてふと思うこと。

そういえばこのノートの話で誰とも盛り上がったことがない。。
そういう趣味の方がいれば教えてください。ノート談義したいんです。笑

昨日から続けてブログを書きました。
あぁ
時間が出来てわたしがやりたかったことって
『書くこと』だったんだ。

読んで下さりありがとうございます。


またきっとすぐに♪








4 comments:

  1. 毎日の楽しみが増えました。
    更新を楽しみしています。

    ReplyDelete
    Replies
    1. ありがとうございます。マイペースな更新となりますが続けていきます。

      Delete
  2. ノート…書くということは、もう一人の自分との出逢いですね…ノート達が生き生きしています…

    ReplyDelete
    Replies
    1. 出逢い...ですね!書くことで新たな自分、そして自分の奥の奥へ触れることが出来る。脳内や心の中身が指先から流れて目で見えるようになふって楽しいです^ ^

      Delete

新しい時計

好きな時代は断然、1920年代と1950年代。 私の中でこの時代を想像してみるだけで心浮き立つ輝かしい時代です。 文学、音楽、芸術、ファッションありとあらゆるものが花開き咲き誇った時代。 アール・デコが好きです。そのアール・デコを生んだ1920年代そのものにも憧れています。...